お金のなかった二人が、様々な裏バイトを体験する裏バイトサークルを結成!その体験談やアルバイト情報・ニュース・2chまとめ・動画等を紹介する新感覚!裏バイト専門ブログ

過去の偉大な天才詐欺師達(世界初のサイバー詐欺師)編 

勝手に連載コーナーと題し、ナツメグの独断と偏見をもって、カッコいい!これぞ詐欺師!!って過去の天才詐欺師の数々を紹介して行くこのコーナー。

巷ではもー話題騒然!!のこのコーナー!

ちょっぴり久々ではございますが、一人くらいは『待ってました!!』って人がいると信じてやまないわたくしナツメグがお届けいたします。って待ってる人いるよね?一人くらいはきっといるよね・・。いないの?

いやー、きっといるよ。うん。って訳で第六弾を迎えた訳でございます。

さてさて、今回は、少し趣向を変えて、現代チックな詐欺師のご紹介。

ハッカー史にも名を残す天才、世界初のサイバー詐欺を働いたこの男!!

ご存知『ウラジミール・レヴィン』だ!!って。まー知らないわな普通。

とにかく、すんごいよこの人も!読めば納得。



えー、事の始まりは1994年8月、アルゼンチンのとある会社の口座から一晩で20万ドルもの金額が流出している事が発覚したことだった!!

取引銀行のシティーバンクが、単独の事件でない事に気がついた時には、世界中の口座が荒らされ、カリフォルニア、ラテンアメリカ、フィンランド等々、様々な国の匿名口座に金が移されていた!

最終的には、20を超える口座から、なんと1000万ドルもの金額が盗み出されていたのだ!1000万ドルだよ!・・ちょっと計算してみなさい・・・あー恐ろしい。

FBIはこれらの金の一部が、サンフランシスコの口座に流れている事を突き止め、待ち伏せると、とあるロシア人を逮捕。この男が秘密を白状し、これらのサイバー詐欺がロシアマフィアの仕業だということを明かした。

そして、そのロシアマフィアの黒幕は、なななな、なんと!!!大学生の『ウラジミール・レヴィン』だと判明したのだ!!

大学生が、マフィアの黒幕!!ってもー末恐ろしい。

そして、そんなレヴィンを追って、FBIはもう一件の違法な送金のデータから、オランダ、ロッテルダムへと追跡する、も、ここで捉えられたのは別のロシア人、そして、彼もまたレヴィンが主犯だと白状する。

また、レヴィンがサンクトペテルブルクのIT企業で指令を出している事がわかったのだ。



このあと、オフィスへの手入れでコンピューター銃とレヴィンのパスポートが押収されるも決定的な証拠は見つからない。

が、その後の1995年、レヴィンはロンドンの空港で逮捕され、アメリカに引き渡された。

こーして、この事件は幕を閉じるかに見えたのだが、その後の取り調べで、奇妙な話が浮上する。

バイオテクノロジー専攻の大学院生だったレヴィンはロシアマフィアに雇われ、シティーバンクのシステムへとハッキングしていたのだが、その方法が謎なのだ!

ロシアの謎の人物が開発したもので『メガゾイド』という名前であるらしいが、それ以上の事はレヴィンにも全くわからない・・・。

この『メガゾイド・システム』を使い、レヴィンは、シティーバンクにハッキング、暗証番号と口座番号を盗みだし、ノートパソコンから、それらの口座にアクセスし世界中の金を動かしていたわけなのだけど・・・。

一体『メガゾイド』とは何なのか・・そこには深い深い謎が、未だに横たわっているのだ。


ということで、なんだか今までの詐欺師に比べると詐欺師っぽさが今イチな彼なのだが、少し前に流行ったフィッシング詐欺しかり、PCを使うとどーしても、詐欺師っぽさがなくなってしまう。

とはいえ、俺と同じ大学生にしてロシアマフィアの黒幕!そして、後ろにある謎の『メガゾイド』そこに俺はかっこよさを感じてしまったのだ。

って訳でドキドキしちゃった人応援よろしく。

 

↑↑↑僕のやる気の源、ブログランキング↑↑↑

それから、過去の偉大なる天才詐欺師達の記事は←こちらからどうぞ。
ジャンル別関連記事 →詐欺
このエントリーをはてなブックマークに追加 

過去の偉大な天才詐欺師達(米国史上最高の詐欺師)編 

今日も書きます、書いちゃいます。

マイブームの押しつけコーナー『過去の偉大な天才詐欺師達』

かれこれもう第五弾!!気がつけば、ほぼ毎日書いている、あぁ!俺ってもうマイブーマーの仲間入りなんじゃないかコレ!とみうらじゅんに散々影響されつつも。

マイブームって言葉は『現代用語の基礎知識』にも載ってるんだぜ。すごいぜみうらじゅんエッセイ『マイブームの魂』は必見だ!!ってまたみうらじゅんネタですみません。


じゃーそろそろ本題。前回はちょっと警告の意味を込めて、怖い詐欺師の話を書きましたが、今日はこれぞ詐欺師!!詐欺師なのに人気者って人をご紹介。



米国史上最高の詐欺師と評され『イエロー・キッド』と呼ばれる人気者!!

そー第五弾にして、ついにでました!!『ジョセフ・ウェイル』

まーこの名前は聞いた事がなくっても、映画『スティング』位は知ってるんじゃなかろうか。

1973年の名作映画だ!!この映画に多大なるインスピレーションを与えたのが彼なのだ!


ウェイルは独創的なアイデアをもった真のアメリカ人、そんな彼は実に60年もの詐欺のキャリアをもっているんだ。その中でウェイルは無数の詐欺を考案し、有名な『ビッグ・ハウス詐欺』を完成させた!!

って知らねーよってツッコミが入る事はわかってる。説明は後々書くとして。

まずその生い立ちから




ジョセフ・ウェイルは1877年にシカゴで生まれた。

インチキ療法などの片棒を担ぎ、その後単独で詐欺を働き、大金を手にして大都市に舞い戻る頃には、当時の人気マンガ『カートゥーン』のキャラクターにちなんで『イエロー・キッド』というあだ名がつけられる。

その後、彼は『競馬』で儲けるテクニックをみがいた。1900年初頭の競馬の結果は、ウェスタン・ユニオン社が提供する『黄金の電報』というサービスで国中に伝えられていた。

このことに目をつけたウェイルはシカゴの悪徳警官と組んで、カモから金を巻き上げた。

よくやった方法は、このウェスタン・ユニオン社のオフィスにサクラを立たせる方法だった。


サクラはインサイドマンとして紹介され、電報の内容を傍受して、賭け元に伝わる前に教えてくれる。そうすればカモは確実に儲かる馬に賭けられると言うのだ。

そうして案内された賭場は全て偽のセットに偽の観客つまりサクラだ。

全ての時計は少しだけ進められていて、詐欺師はカモより少しだけ早く情報を知る。カモは何度か勝つことでその情報を信じる訳だけど・・・。

決定的なレースでカモは法外な掛け率の勝ち馬に賭ける。サクラも一緒になって賭けることもある。

でも、ここで喧嘩等、入念に仕組まれたトラブルによってカモは時間内に賭けることができず『いずれにしろ、情報を漏らした内部の人間に情報料は払え』といわれ、次の詐欺にも引き込まれて行くのだ。

そして最後には頃合いを見計らい、警察が来たなどと言って、みんな一斉にドロンだ!!

コレがウェイルが完成させた『ビッグ・ハウス詐欺』頭良すぎだぜウェイル!

この手口はあまりにも有名で、上で挙げた映画『スティング』の中でも登場するほどだ!!



それ以外にも、ウェイルは各地でこの『ビッグ・ハウス詐欺』を働くが、さらに手を加える。

小さな町で空き家に成ったばかりの銀行の建物を借り上げ、銀行員のフリをするサクラを雇い、それらしい内装にして、カモが安心して大金を預けるという、大胆な手口だ。

さらにさらに、その後は、実際の銀行の頭取を説得して2、3時間借り、偽の頭取になりすまし、金持ちのカモを騙したりもしている。

これは凄すぎるぜ!!大胆すぎて、逆に疑えないんじゃないか。


とまーそんなこんなで彼はキャリア60年、根っからの詐欺師に成るのだが、実はその途中で何度か堅気になろうとしているんだ、だけどその悪名が仇となり、合法的なビジネスでは全て失敗している。

2度ほど投獄もされたんだけど、大した長さでもなく。
70歳代で現役を引退し、シカゴで人気者になり1976年に死亡している。


なんとも見事な詐欺師っぷりではないか!
俺が一番大好きなアイデアを持った真の詐欺師だ。

ちょっとワクワクした人よ、応援よろしく押していただければ幸いです。

 

↑↑↑僕のやる気の源、ブログランキング↑↑↑
ジャンル別関連記事 →詐欺
このエントリーをはてなブックマークに追加 

過去の偉大な天才詐欺師達(やっぱり怖い詐欺師)編 

こんにちはナツメグです。今日も書きます詐欺師の話。

でね、実はこの詐欺師の記事に関しては、書くのにものすっごい時間がかかる。

何故ってさ、ネットで今まであげた詐欺師について調べてもらえればわかるんだけど。その人の歴史に関してなんてほとんどと言っていいほど記載が無い。だから地道に何度か図書館まで調べに行く始末、笑。

学校の勉強より勤勉だ。

で知れば知るほど引き寄せられてしまう。そんな偉大なる詐欺師達(今回は偉大とはちょっといいがたいが)

さーそんな訳で、今日も書きます気合いを入れて。今日は第4弾!!ってことでちょっと怖いよこの人は。



『グリフターズ』って映画を知ってるかい?こんなサイトにくる位の猛者なら、知ってる人も多いかもしれないけれど。


ジム・トンプソンの原作小説で。母、息子、その恋人の3人詐欺師達
(グリフターズ)の生き残りをかけた騙しあいが展開してゆく。環境と人間関係が引き起こす心理状態の変化、詐欺と殺人の恐ろしい犯罪が描かれている。

監督は「危険な関係」のスティーブン・フリアーズ。悪党どものドラマがかっちょいい、俺が普通に好きな映画なのだ。

で、今日の主役はそんな映画グリフターズのモデルとなった詐欺師。
サンテ&ケニー・キムズだ。

通称『マミー&クライド』

二人の親子は映画の通り、詐欺から殺人までもーなんでもやってしまう。


母親であるサンテは1934年7月にオクラホマに生まれる。が一家はやがてバラバラになり、売春婦の娘として育つ。

その後はやがて、養子としてもらわれ名前が変わるが、彼女は生涯で実に28もの偽名を使っているから関係ない。

その後2度の離婚を経て、サンテは売春と犯罪の生活に文字通り堕ちて行くのだ・・・。


1965年には自動車窃盗の罪で逮捕されるなど、罪を重ね。
1971年に資産家のケネス・キムズと結婚すると。ここに邪悪な犯罪コンビが誕生した。

窃盗に保険金詐欺、ついには奴隷詐欺を行い。町中の不法移民を誘い出すと、多数あるキムズの家屋に奴隷として閉じ込め虐待。

しかし、それも見つかり。サンテは3年間投獄されるのだが、病院の窓から抜け出して拘留を免れている。



そして、ここから息子の話に移る。

サンテの息子ケネス・キムズ・Jr(ケニー)は1975年にそんな両親の間に生まれる。

そこは虐待と犯罪の空気に満ちあふれ。それらを存分に吸い込んで育った彼もまた。大学に入る頃には立派な犯罪者へと育っていくのだ。


仲間がサンテの犯罪歴について騒げば、息子が手を下し、彼らを殺害していく。1990年~1998年の間にキムズ家の弁護士が一人、仲間が二人、射殺されている。

その後の1998年、彼女らは最後の詐欺を働く。ニューヨークで社交界の名士イレーナ・シルバーマンからアパートメントを借りると、イレーナを殺害し、彼が、サンテ&ケニー・キムズにそのアパートメントを譲ったという文章を偽造した。

死体遺棄には成功するも、何者かがFBIに密告し、全ては幕を閉じる。



2000年には殺人の罪で有罪とされ、ケニーはテレビのレポーターにボールペンを突きつけて人質とし脱獄するという罪まで犯した。

現在二人は、カリフォルニアで死刑を待っている・・・。


今日の二人は、今までの紹介した詐欺師とはかなり違う印象を受けるのではないだろうか、そこには殺人があり、暴力が存在し。今まで出てきた頭を使った詐欺行為とは異なったものがそこにはある。

だが、それがリアルだ。そして今までちょっと詐欺師がカッコいいと不覚にも思ってしまった人への警告のつもりで書かせてもらった。あくまで詐欺師は犯罪者であると。


ただ、冒頭で書いた様に、映画、小説は普通に面白い。


参考になった方は応援よろしく。押していただければ幸いです。

 

↑↑↑僕のやる気の源、ブログランキング↑↑↑
ジャンル別関連記事 →詐欺
このエントリーをはてなブックマークに追加 

過去の偉大な天才詐欺師達(エッフェル塔を売った男)編 

さーさーやって参りました。管理人ナツメグが完全なる趣味で、3夜連続でお届けしているこのコーナー。かなり書くのに時間が掛かるこのコーナー。下調べにも時間がかかるこのコーナー、ついつい長くなってしまうこのコーナー。

コーナーって単語を連発してたら、なんだかコーナーって言葉の意味がよくわからなくなってくるから不思議・・・。

うーん今日は特に前フリも思いつかないので。

早速いこう。


今日の詐欺師は『エッフェル塔を売った男!!』そんな彼の詐欺行為は犯罪史にも残る。

ヨーロッパが生んだ最大の詐欺師『ヴィクトル・ルースティヒ伯爵』

ルースティヒは1890年にチェコ・プラハに生まれる。物腰は柔らかで、その振る舞いには洗練されたものがあり、数カ国語に堪能だった彼は。

のちに詐欺の『十戒』を考案してしまう、それはまさしく詐欺師の中の詐欺師。

そして彼は言う。

『人々を惹き付けろ』
『かつ惹き付け過ぎるな』
『相手に喋らせろ』
『良い聞き手に成れ』
『常に静かに威厳を漂わせろ』

と・・・。

トイレにおやじの格言なんか掲げてる君、コレだよコレ、これを貼っとけ!そっちのが断然クールでカッコいい。

そして、後にコレは多くの詐欺師の手本と成る。



まーいいや。本題に移ろう。

それは1925年、彼はパリで史上最も大胆な詐欺を思いつくのだ。そう、ご察しの通り、ルースティヒは文字通りエッフェル塔を売る!!

1889年にパリ万博の為に一時的に建てられたエッフェル塔は、当時に人々にとって、パリの美貌を損ねるモノとして目障りな存在だった。だから、その後どうするべきかは、まだ確定されていなかったのだ。

で彼はその事に目をつけた。

維持費や老朽化について新聞記事を読み、うまく話を作ればエッフェル塔は売りに出されていると信じ込ませる事が出来ると考えたのだ。

偽造書類を制作し、政府官僚になりすますと、廃棄業者6人をリムジンに乗せてエッフェル塔の案内をした後で高級ホテルでの会議に秘密裏に招待し。

厳格な態度で、彼は言う。

『政府はエッフェル塔の解体業者の入札を行う、この解体作業は名誉のあるプロジェクトに成るだろう』

と・・・。

巧い、うま過ぎるぜ『ルースティヒ』と俺は唸ったよ。って第1、2の詐欺師の話を読んだ人ならわかるけど、俺は毎回唸ってる。

まーそんな訳で、カモの業者を選ぶと、今度は賄賂が必要だと話す。

莫大な量の鉄骨に目をくらませたアンドレ・ポワッソンという業者が引っかかり、賄賂として多額の現金を手渡した。



ルースティヒはその金を手にパリから逃げ出すんだけど、何故か事件は新聞沙汰にはなっていない。そー、ポワッソンは多くの詐欺被害者と同じ様に、詐欺の被害を認めるのを恥じたのだ。

皆は、ちゃんと警察に行くんだよ。いや、その前に騙されない様にこれらの文章が少しは役に立ってくれると嬉しい。

で、喜んだルースティヒは再びパリに舞い戻り、詐欺をもう一度繰り返そうとしたが、警察に通報され、危ういところをニューヨークへ逃走するのである。


その後、彼は別の詐欺も働いている。1930年代には多くの投資家たちに(『ハピュラス・マネー・ボックス』素晴らしき現金製造機)という機械を使って騙す。

それはドル札数枚と、白紙を入れると、偽造のドル紙幣が出てくるってモノだった。このインチキマシンでも5万ドル近い金を手にしている。

しかし1935年、ついに詐欺に失敗して、牢獄送りとなり、12年後に死亡するのである。



さてそんな華麗なる彼の生き様、特にエッフェル塔を売ったという話は、クロード・シャブロル監督の『世界詐欺物語』(1964)のフランス篇の原案にも成っている。なんだか、過去の3話とも、彼らの過激な人生は映画に成っている訳で、やはりそれだけの魅力が彼らにはあるってことの現れなんじゃなかろうか。

今回の映画は、まだ見ていないのでレビューは最後にまとめて書いてみようかな。

ちなみに今後出演予定の詐欺師面々も映画や小説に成るほどの人ばかりなので、ご期待有れ。(本当は、もっと渋い所からも選びたいのだけど、初めなので王道で攻めてみた。もちろん詐欺師に王道が有ればのはなしだが・・。


最後に、気になるエッフェル塔のお値段は100万ドル!うーんなかなか夢のあるお話。

楽しめた方は応援よろしく。押していただければ幸いです。

 

↑↑↑僕のやる気の源、ブログランキング↑↑↑
ジャンル別関連記事 →詐欺
このエントリーをはてなブックマークに追加 

過去の偉大な天才詐欺師達(フランス内戦の危機をもたらした男)編 

うーん、果たして、本当にこのブログのコンセプトに合っているのか!ってなことを考えながらも、多少無理矢理なこじつけで、前回から書き始めたこのお話。

書きたいから書くんだ!今俺のマイブームは詐欺師なんだ!俺とマイブームは重複してる!悪いか!悪いのか!そもそもブログってのは本来そういうもんだろ!って勝手に、開き直ってまたまた書きます。第二弾!!

関係ないけどマイブームって言葉を作った『みうらじゅん』が俺は大好きなんだ。本だって全部持ってんだ。おかげでデュランも大好きなんだ。
だって彼、かっこいんだもん。おもしろいんだもん。美大なんだもん。

はい、すみません



では改めてご紹介。

過去の偉大な天才詐欺師第二弾はフランスからこの人の登場!

現代が生んだ稀代の天才詐欺師!なんと、彼の起こした詐欺とその謎の死が引き金となり、フランスに内戦の危機が訪れた!それほどの男。ごめん引っ張りすぎた。

知る人ぞ知る『セルジュ・スタヴィスキー』だ!知らないよね普通は。笑

本名は『セルジュ・アレクサンドル・スタヴィスキー』彼はとってもミステリアスな男。

1888年ウクライナに生まれた彼は、やがてフランスに移り住み、ナイトクラブのマネージャー、ストリップ小屋、賭博経営、等々、実に様々な職を転々とする。しかし、どれも成功しなかった。いや、実際には、その過程での大量の賄賂のおかげで、かなりのネットワークを作ることには成功したんだ。

そして、その後いよいよ、国営の質屋を拠点に本格的な詐欺活動を始める訳だ。

まずは、質屋を表向きの顔に、裏で偽の債券を発行し財産を築く、その後詐欺のスケールが大きくなる事によって、徐々にその後援者たちも大物になって行く。

最終的には、なんと警察上層部、法界の役人、政府官僚、そして、政界のトップにまで、そのネットワークは及ぶ!!

すごすぎるぜスタヴィスキー!一体どーしてそんな事が可能なのかさっぱり理解できないけれど、おそらく、徐々に規模が大きくなっていったんだと思う。

そして、それにより、彼は何度となく取り調べを受けそうになるも、その豪華な面々の圧力によって、何年もの間不起訴を免れる事が出来たんだ。



さー、ここで、少し話をそらす。

1つ目は彼が何故これほどの力を持つ事が出来たかって話。

彼のすごい所は、目立たないという事なのだ。スタヴィスキーは全くと言っていいほど、その特徴が無い、魅力もない、派手な性格でもない、それが逆に、フランス上流階級を巧みに操る事が出来た彼の最大の長所であったとも言えるんだ。

前回の『フランク・アグバネイル・Jr』はハデハデ目立ちまくりな詐欺師だったけれども、まさに対照的。それもまたおもしろい。


2つ目は、彼はこの頃には恐ろしいほどの金を手に入れている。稼いだその額は4000万ドルとも言われているんだ。4000万ではない、その後ろに0が二つ付くんだよ!信じられない。まーコレを覚えてもらっておいた上で続きを書くと。



その後、何度となく、逃げ延びた彼も、ついに捕まる日がやってくる。

ともあれ、裁判は圧力によって引き延ばされ、保釈のたびにその支配力を発揮する訳なんだけど・・・。でその頃、世間でも彼の詐欺に大物が関わっている事がバレ始める。

引き金は、右翼系の新聞「アクシオン・フランセーズ」
植民地大臣ダリミエによる二年前に書いたという手紙をスクープするのだ。記事では、当時、労働大臣だったダリミエが、スタヴィスキーに頼まれて投資会社や保険会社にバイヨンヌ市の債権を買うように勧めていたというもの。

詐欺師のために推薦状を書いたと騒がれてダリミエは辞職を余儀なくされる。そしてその後、関係者が続々と逮捕される中1934年1月3日、突然彼の死体が発見されるのだ!

それは、シャモニーの彼の別荘で当初は自殺として見つかった。拳銃自殺と思われたが、死体の状況と撃ち込まれた銃弾の位置に矛盾がある!

「自殺」だという報道に国民から疑いと怒りの声があがった。

スタヴィスキーの死によって、高い地位の後援者たちは一時は内心安堵する。しかしそんな国民の声により、騒ぎは思わぬ方向に飛び火する。

街ではデモや暴動が頻発した。百人から三百人の逮捕者が暴動のたびに発生し。事態を鎮静化できない内閣は総辞職。ダラディエ内閣が誕生するが国民の怒りはおさまらない。スタヴィスキーは、警視総監とも付き合いがあり、ダラディエはその警視総監を解任して国民を納得させようとする。

解任された警視総監は右翼団体とつながりがあったから、ダラディエに対して右翼は黙ってはいなかった。コンコルド広場は数千人のデモ隊で埋め尽くされた。15名も死者を出す惨事になり、ダラディエは辞任に追い込まれた。軍隊とデモ隊双方で1500名近い負傷者を出したと言われている。


そー、一人の詐欺師の死がこれほどまでの影響力を発揮したんだ。

死して尚、その力を示したのかいスタヴィスキー・・ちょっとクサイな。


その後これらは沈静化したものの謎の死は続く。事件がらみの書類を持ってると公言した判事は、線路で列車に首を切断された姿で発見された。



ふー非常に長い文章になってしまったけれど、マイブームにつき合ってくれてありがとう。疲れたよ。



ちなみにこの話、ジャン・ポール・ベルモンドが主演したアラン・レネ監督の『薔薇のスタビスキー』という映画にもなっている。レネの映画は個人的には非常に眠くなったけれど、兎にも角にも凄い詐欺師だ。スタヴィスキー!!


となんとかまとめてみた所で、さて、そんな彼が稼いだ4000万ドルは一体どこへ消えたのか!死の謎とともに霧の中なのだ。と、さらなる謎を残して今日はおしまい。


はい、今ちょっとドキドキしちゃったそこの君!それなりに楽しめたってあなた。応援よろしく良ければ押して投票してって。

 

↑↑↑僕のやる気の源、ブログランキング↑↑↑

えー、実はこの詐欺師の紹介コーナー、なんかあと3人は既に書く事まで決まってます、笑。
ジャンル別関連記事 →詐欺
このエントリーをはてなブックマークに追加 

過去の偉大な天才詐欺師達(華やかなる超有名詐欺師)編 

裏バイトと詐欺。この二つは切っても切れない関係だ。

甘い言葉で信じられないような高待遇、その裏に有るのは詐欺だったってケースも少なくない。
実際に、詐欺情報ばかりを掲載している、裏バイトの求人掲示板みたいなものも多数存在している訳で、俺も何度か騙された。

とはいえ、詐欺と一言で言ってもピンキリだ。あんな掲示板なんかで堂々募集している様な詐欺師なんて、たかが知れている。

皆さんはご存知だろうか!過去の偉大なる天才詐欺師の話を、彼らは数億ものお金を稼ぎ、女にも困らず過ごす。

今日はそんな詐欺師の話。

というか最近の俺の興味の対象、今後何人かについて書いてみる予定。



第一回目の今日は、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス出演、監督はかのスピルバーグで映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』その元になった詐欺師『フランク・アグバネイル・Jr』のお話。

彼はまさに詐欺の天才だった!!

パイロットに成り済まし、巨額の富を手に入れたのが20歳そこそこ、既に世界中の数知れない女性と寝ていた。

1964~1969年の間に、彼は250万ドルもの偽造小切手をアメリカや海外26カ国で使用。高校中退でありながら、IQ136の彼は医者や弁護士、大学教授、証券ブローカー、果てはFBI捜査官を演じ
ハーバードの法学部卒を偽称していたが、実際司法試験には本当に合格していた天才っぷり。

彼の詐欺行為は16歳の時に始まる。最初は運転免許証の写真を老けて見える様に偽造。小額ではあるけれど、ホテルで小切手を切る為に偽IDを使い続けた。

アグバネイルの詐欺は身分詐欺だけではない、初期には磁気インクで自分の銀行口座の預金金額を書き換え、誰かが小切手で支払うたびにその金がアグバネイルの口座に振り込まれる様に仕組んだのだ、銀行が気が付く頃には4万ドルをかき集め名前を変えて姿を消す。


んで、その後のパンナム航空のパイロットになりすました話は有名で
(航空路の男『スカイウェイ・マン』)というちょっと胡散臭いあだ名もついている。

ある日ホテルから出て行くパイロットを見た彼は、その魅力に憧れ、パイロットになるべく必需品をかき集める。

制服を盗まれたパイロットの振りをして替えの制服を手に入れ、小型機のオーナーを語り偽の身分証を作りIDカードとして使用。さらには、偽の身分証を作るべく印刷工場まで購入したのだ!!もーすごい徹底っぷり。

これらで彼は、アメリカ中を無償で飛び回り、食事やホテル代は全てパンナム航空のツケにし、パイロットという身分から信用を得て、女性とのデートで偽小切手を現金化していった。

その額250万ドル!!


その後は映画の通り捕まってしまい、5年間刑務所で過ごし、今は有名になりすぎたため、詐欺を行えなくなってしまったとのこと。

が、それでも俺らと同じ年くらいでこの経歴、末恐ろしい。




ちなみにこの映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』はオープニングのアニメーションが非常にカッコいい。たまには美大生らしいことを言うと、この映像がこちらの世界では有名で、授業でも使われるほど。また、映画としても素直に面白い作品です。

楽しめた方は応援よろしく。押していただければ幸いです。

 

↑↑↑僕のやる気の源、ブログランキング↑↑↑
ジャンル別関連記事 →詐欺
このエントリーをはてなブックマークに追加 
会員数ダントツ、絶対出会える超優良出会い系サイト



このブログの運営上、使った出会い系サイトの中でも最優良のサイト。
迷惑メール・サクラ一切なし(実証済み)で男女問わずお勧めです。
本当に出会える出会い系サイトの真実 / 詳細はこちらの記事に!

最新記事情報
人気記事ランキング


プロフィール


管理人;ナツメグサイモンシンとが様々な裏バイトを体験し報告。他にも裏バイトにまつわる情報・読者体験談・ニュース・2chまとめ・動画などを紹介。…詳細

裏バイトの情報等は灰色背景
ナツメグの体験談は紫の背景
サイモンシンの体験談は水色
その他管理人の友人、読者か
らの投稿体験談は橙色の背景

でそれぞれ書かれています。

裏バイッターのツイッター
裏バイトの短い質問は@urabaito
裏バイト検索くん
当ブログの過去の記事から、お好みの裏バイト情報を検索できます
裏バイト求人情報

裏バイト求人情報①
〜自宅編〜
自宅で出来る裏バイト求人を紹介!

手軽にポイントで稼ぐ
超お手軽なおこづかい稼ぎ!ポイントサイトを徹底解析!

出会い系紹介裏バイト
誰でも可能!出会い系サイトをネットで紹介して超高収入!

高収入チャットレ
月収100万円も可能!女性向け在宅バイトの最高峰!

アダルトブログ製作
苦労は有るけどエロ好きなら出来る!!目指せ不労所得者への道。

裏バイト求人情報②
〜高収入編〜
高収入アルバイトや副業を紹介!

女の子の高収入バイト
時給1万円!入店祝金30万円!など、女性向けの超高収入バイト。

意外な副業
月収30万も可能な自販機設置のアルバイト!募集先から内容まで!

超高収入!治験
誰でも出来る驚異の稼ぎ、一週間泊まり込みで10万以上可能!

普通にアルバイト求人


マイナビバイト

ネット上でのバイト探すなら、求人数ダントツのここがお勧めです。


マイナビ派遣

派遣求人・派遣会社を探すならコチラ、時給の良い派遣も沢山みつかります。

めいどりーみんメイドキャスト募集
過去にも沢山取り上げたメイド喫茶のキャストを募集しています。

医師バイトドットコム
通常は絶対に見つからない非公開求人が多数。医療業界最大級の求人サイトです。

裏バイトサークルで裏バイト

裏バイトサークルでお小遣い稼ぎませんか?
あなたの体験談買い取ります!!
逆アクセスランキング

20位以下の全ランキング
↑↑こちらからどうぞ。アクセスランキング
また、参加の際は
http://urabaito11.blog121.fc2.com/
へのリンクを貼っていただければ、自動的にランキングに参加できます
問い合わせ
裏バイトサークルでは
当ブログへの質問、要望
皆さんの裏バイト体験談
├裏バイトに関する情報提供
管理人へのお仕事の依頼
広告掲載依頼
相互リンクのご依頼

等を随時募集しています。各リンク先に詳細が明記してありますので、まずは一読の上ご連絡ください。
朗報!エロを裏バイトに!
日本でいちばん出会えるサイト!
更に!実は!?詳細はコチラの記事


トラックワード
ブログパーツ